参加企業募集 自律型ドローン
Skydio 2
実証実験
はじまる
参加企業を募集します

Introductionはじめに

株式会社FLIGHTSでは、Skydio Japanとのパートナーシップにより、日本国内での様々な産業用途における、「Skydio 2」をはじめとしたSkydio製品の実証実験を行います。

ご参加いただける企業様には、最新のドローンに触れ、実際に性能や動作をご覧頂くことはもとより、各産業での導入イメージをシミュレーションしていただき、有用性が認められた際には本導入に向けてのプロジェクトを共に進めて参りたいと考えております。

各産業の知見を有し、業界・社会へのドローンテクノロジーの実装に積極的な企業様のご応募をお待ちしております。

Skydio(スカイディオ)社
2014年に米国カリフォルニア州で創業、2020年11月に日本オフィスを開設した米国発のドローンメーカー。「自律型ドローン」において世界を牽引する存在です。

応募要件を見る

DroneSkydio 2

Skydioが提供するAIを搭載した自立飛行型ドローン「Skydio 2」は、Visual SLAM 技術を用いることで、AIが全方位の障害物を認識・回避。最適なルートを選択して飛行する「自律飛行」を実現しています。

そのため、マニュアル操作では困難な狭所での点検や、ビルや工場などのGPSの効かない屋内環境でも、安定した飛行が可能です。

従来のマニュアル操作を前提としたドローンに比べ、自律飛行型ドローンでは熟練した操縦士を必要としない運用が可能となるため、様々な領域における省力化の実現が期待されています。

Visual SLAM(Simultaneous Localization and Mapping):カメラで撮影された映像をもとに、周囲の3Dマップの作成とカメラの自己位置推定を同時に行う技術

基本スペック

機体

サイズ (バッテリー含む)223(L) x 273(W) x 74(H) mm
重量775g
飛行時間23分
最大通信距離 (日本仕様)200m
最大速度58km/h
位置補正GPS, VIO, Visual SLAM
最大飛行可能風速10m
障害物検知全方向
魚眼レンズ (視野角200度) x 上下6つ
動作温度範囲-5度 ~ 40度

バッテリー

種類リチウムイオンポリマー
容量4280mAh (48.79Wh)
重量280g

カメラ

センサータイプSony IMX577
1/2.3インチ 12.3MP CMOS
解像度 (静止画)4056 x 3040
解像度 (動画)3840 x 2160 24, 30, 48, 60fps
1920 x 1080 30, 60, 120fps
F値f/2.8
焦点距離20mm (35mmフォーマット換算)
シャッタースピード1 〜 1/1920s
ISO100 〜 3200
ビデオフォーマットMPEG-4 (AVC/H.264, HEVC/H.265)
静止画フォーマットJPEG, DNG (RAW)

コントローラー

サイズ (折り畳んだ状態)94(L) x 153(W) x 71(H) mm
重量386g
ライブストリーミング解像度HD 720p
モバイルデバイスiOS, Android
自律飛行ドローンSkydio 2

DroneSkydio X2

Skydio 2を基にしたエンタープライズ設計で、よりミッションに最適化したパフォーマンスを実現します。

可視光カメラの他に、赤外線カメラを搭載。加えて、ON/OFF可能なストロボとGPSナイトフライト機能を活用することで、日夜を問わない追跡や監視というミッションも可能になるなど、用途の幅を広げています。

カメラの機能も高性能で、 機体に計6つ搭載された4Kナビゲーションカメラ映像を、可視光カメラや赤外線カメラの映像と掛け合わせて、100倍までデジタルズームができる驚くべき全方位ビューを作成し、比類のない状況認識を実現しています。

また、付属の Enterprise Controller も仕様を新たにしており、モニター一体型でタッチスクリーン、かつグローバル互換性のある操作仕様、そして伝送距離が最大1.2kmに拡張された新しいワイヤレスシステムになっています。

以上を共通の仕様として、2モデル展開があります。

  • X2E

    エンタープライズアプリケーションを使用したパフォーマンスを最大限引き出すモデル

    エンタープライズグレードの堅牢なセキュリティー(AES-128)が強みで、Skydio 2に基づいて構築されたフィールドテスト済みのAIと画期的な技術基盤で、より精度の高い自律飛行を実行します。

  • X2D

    追跡や監視ミッションで、より高いパフォーマンスを発揮するモデル

    8倍ズームのLWIR赤外線カメラ、16倍ズームの4KHDR可視光カメラを搭載し、対象をより精細にとらえます。伝送距離は1.8GHz時 最大10km(5GHz時 最大6km)と、よりミッションに適した仕様になっています。

基本スペック

機体

サイズ (バッテリー含む)663(W) x 570(L) x 212(H) mm
重量1325g
飛行時間35分
最大通信距離1.2km
最大速度40km/h
位置補正GPS, VIO, Visual SLAM
最大飛行可能風速10m
障害物検知全方向
魚眼レンズ (視野角200度) x 上下6つ
動作温度範囲-10度 ~ 43度

カメラ

センサータイプ可視光カメラ:4K HDR 16倍ズーム
赤外線カメラ:FLIR® Boson 320x256 LWIR thermal imager 8倍ズーム

コントローラー

サイズ (折り畳んだ状態)270(W) x 133(L) x 760(H) mm
重量1130g
モバイルデバイスAndroid
自律飛行ドローンSkydio X2

Appsアプリケーション

Skydio 2Skydio X2
Skydio Autonomy Enterprise Foundation

最も複雑なミッションや環境の課題に対応するために、AIを活用し状況認識を最大化。詳細な検査に対する最高の自律飛行を実現します。

状況認識機能

スーパーズームSuperzoom
デジタルズームにより離れた対象でも精細に認識します。デジタルズーム倍率
Skydio2:3倍
Skydio X2:可視カメラ16倍、赤外線カメラ8倍
ウェイポイントPoint-of-Interest Orbit
マップ上でユーザーが指定したポイントを通過しながら飛行します。
トラックインプレイスTrack-In-Place
指定した対象を遠方から追跡し、固定位置からフレーム内に保持します。
オフラインマップOffline Maps
マップをダウンロードしてコントローラーに保存する機能です。非LTE環境化で飛行可能です。

構造物点検向け機能

近接障害物回避Close Proximity Obstacle Avoidance
隅やひび割れなど細かな部分まで把握できるよう、障害物回避の余白を減らして、構造物に最大限接近し撮影します。
プレシジョンモードPrecision Mode
ジョイスティックの入力に基づいた精密なドローンの動作で完璧なショットを取得します。
垂直ビューVertical View
ジンバル直上の画像をキャプチャします。障害物回避と組み合わせることで、直上の検査対象に集中することができます。
ビジュアルリターントゥホームVisual Return-to-Home
非GPS環境下で飛行の際、視覚的に経路を探しリターントゥホームを実行します。

Skydio 2
Skydio 3D Scan

橋梁、建物の壁面、インフラ建造物などの複雑な構造を簡単に点検できます。
点検する範囲と、点検対象と機体の距離、ラップ率を指定すると、あとはAIが残りの作業を実行してくれます。
飛行中に構造を適宜マッピングして、均質で高解像度なデータ取得が可能です。

Technology自律飛行を
実現する
4つの技術

  • 360° Obstacle Avoidance 360°ビュー

    Skydio 2 360度ビュー

    Skydio 2は視野角200°の魚眼レンズカメラを6つ搭載。機体周囲全方向の状況や障害物を、死角や見落としなく正確に把握します。

  • Realtime 3D Mapping リアルタイム3Dマッピング

    Skydio 2 リアルタイム3Dマッピング

    機体周囲の3Dマップを作成し続け、常に三次元的に周囲の環境を把握。これをもとに機体の自己位置を推定することもでき、非GPS環境下での飛行を実現します。

  • Object and Scene Recognition 物体状況認識

    Skydio 2 物体状況認識

    AIは障害物を認識すると、その形状から視認範囲外の形状も予測することが可能です。 例えば、電線や木の枝を認識すると、その形状から視認範囲外に物体の続きがどのような形状でどれくらいの範囲に存在するかを予測、それらも踏まえたルートで障害物を回避します。

  • Motion Planning モーションプランニング

    Skydio 2 モーションプランニング

    全方位の3Dデータをもとに、被写体を捉えつつ、障害物は回避した上で目的地にたどり着く最適な飛行ルートを自動で設計します。

Practical Experiment 実証実験 応募する

参加企業様の要件

株式会社FLIGHTSでは、Skydio2をはじめとしたSkydio製品の各産業での有用性の検証を目的に、実証実験を行います。

以下に該当する業務を行われている企業様からのご応募をお待ちしています。その他にも、自律飛行型ドローンを用いた事業・サービスのアイデアをお持ちの企業様は、是非ご応募ください。

  • 各種インフラや設備等、3次元構造物や平面の点検
  • 工場内や倉庫内等、非GPS環境下での点検
  • 土木建設現場における定点観測
  • 災害発生後の損害調査

大変多くのご応募をいただいているため、全ての企業様にはご参加いただけませんことを、予めご了承ください。

実証実験の流れ

  • 1
    ご応募
    下記 応募フォーム より必要情報をご送信ください。
  • 2
    担当よりご連絡
    ご応募内容に基づき、株式会社FLIGHTSより事前お打ち合わせのご連絡を差し上げます。
  • 3
    お打ち合わせ
    Skydioを用いて解決されたい課題や実証実験の内容、条件面等について、事前お打ち合わせを実施いたします。
  • 4
    実証実験
    お打ち合わせ内容に基づき、実証実験プロジェクトを実施します。
  • 5
    本導入へ向けて
    実証実験により有用性が認められた場合、本導入に向けたプロジェクトを開始します。

参加費用

事前お打ち合わせの内容に基づき、お見積りを提出いたします。

実証実験に応募する

Case Study実証実験
事例

Coming Soon...

FLIGHTSについて

株式会社FLIGHTS(フライト)は、「ドローン・ロボティクス前提社会の創出に最も貢献する会社へ」をビジョンに掲げ、インフラ/設備点検、土木建設現場における測量や定点観測、農薬散布等の各種産業分野におけるドローン運用、導入、ソフトウェア開発を行うドローンソリューションカンパニーです。

会社設立時より蓄積した、各種ドローンや関連アプリケーションを用いたドローン運用や取得データ解析における豊富な実績を持ち、多くの企業様へのドローン導入や、国外のドローン関連サービスを運営する企業の日本進出を支援しています。

Application応募フォーム